IDBS Polarロゴ

Polarインテグレーション

IDBS Polarは、すぐに使えるワークフローと統合することで、導入の時間と複雑さを大幅に削減します。デジタルラボエクスチェンジ(DLXTM)プラットフォーム、Polarワークフローは、堅牢なセキュリティ、コンプライアンス、検査室固有の機能を備えた最新のクラウドベースのアーキテクチャに基づく包括的でベンダーニュートラルな戦略により、データの完全性を確保し、戦略的洞察を促進します。

スポットライトUNICORNコネクター

Cytiva社のソフトウェアUNICORN™で使用するDLXコネクターは、Polarクロマトグラフィーワークフロー内でÄKTAシステムのクロマトグラフィー結果に直接アクセスできます。

Polar BioProcessクロマトグラフィーワークフロー

コネクターの仕組みは?

Polarワークフローの指示に従い、ユーザーはUNICORN認証情報でサインインし、表示されたファイルオプションからランデータの保存場所を選択し、ワークフローに戻ります。

UNICORN Polar コネクタ

UNICORNから検索された結果は以下の通り:

  • メソッド名、実行日時
  • フェーズ名
  • カラム容量
  • 1ステップあたりの分数
  • Polarワークフロー内でグラジエントトレースを生成できるランログとクロマトグラム値(UV、pH、導電率など)

Polarクロマトグラフィー・ワークフローは、様々なクロマトグラフィー・メソッド(アフィニティー、IEX、SEC、逆相、HIC)をサポートし、プロセス中間体をランの前または後にプールする柔軟性を可能にし、開発全体を通して完全なトレーサビリティを維持します。

未来のラボへの準備

機器データへのアクセスは、ワークフローを合理化し、意思決定を推進するために必要な洞察を得るために不可欠であるが、ラボ環境で使用される機器やアプリケーションは多岐にわたり、標準的なインターフェースがないため、これは困難な作業である。

では、現在の業務をサポートしながら、未来のラボの準備を始めるために、今日できることは何でしょうか?

よくある誤解は、すべての機器を一度に統合する必要があるというものです。より良いアプローチは、ラボのワークフロー実行に不可欠な機器やアプリケーションから始めることであり、またバイオ医薬品開発全体を通して、製品の品質やプロセス性能を評価するために不可欠なデータを提供することである。このような状況は常に変化しており、新しい機器が購入・設置される一方で、古い機器は廃棄されている。レガシーシステムを最新のクラウドベースのアーキテクチャに接続することは可能ですが、一般的にその有用性は限定的であり、より新しい技術、特にOPC Unified Architecture (OPC UA)のような新しい業界標準をサポートするシステムから恩恵を受ける可能性が高くなります。

Polarインテグレーションの詳細については、ホワイトペーパーをダウンロードしてください。

IDBS Polar BioAnalysis

ICH M10に準拠した前臨床医薬品の一貫性、品質、再現性。

Polar BioProcess

ワークフローを最適化し、プロセスと分析データを統合することで、より深い洞察を提供します。

記事/レポート