Polar BioProcess

細胞株開発

細胞株開発はバイオ治療薬製造の基本であり、発現ベクター設計、細胞株工学、クローン・スクリーニングの進歩は、高生産性で安定した細胞株への道を開いてきた。しかし、自動化されたプラットフォームの利用が増加しているにもかかわらず、データの取得と報告は、多くの開発科学者にとって、依然として面倒で時間のかかる作業である。継代番号を追跡し、トランスフェクションからクローン選択までのトレーサビリティを維持するには、通常、複数のExcelファイルに手作業で転記する必要がある。

さらに詳しく 細胞株開発のためのDanaherの統合ソリューションについて。

Polar BioProcessについて

IDBS Polar BioProcessは、ワークフロー全体を通じてプロセスの系譜を継続的に維持するように設計されています。すぐに使えるワークフローは、レビュープロセスを簡素化する自動化された計算とチャート作成により、一貫したデータ取得を保証します。Polar BioProcessは、クローン/培養/サンプルの履歴と結果の透明性とトレーサビリティを高め、チーム間のコラボレーションを促進します。
細胞株はそれぞれ異なるが、チーム間で効果的にデータを共有し、予備知識を利用することで、最適化された細胞株を開発するのに必要な時間を大幅に短縮することができる。

最適化された細胞株開発のための完全なトレーサビリティ

二重特異性抗体やウイルスベクターのような新しい生物製剤への関心の高まりは、細胞株開発チームを既存の技術の最適化や新技術の研究に駆り立てている。

IDBS Polar バイオプロセス は、ワークフロー全体を通してプロセスの系譜を継続的に維持するように設計されており、プロセスと分析データを統合することで、より深い洞察を提供します。細胞株開発のためのPolar BioProcessの詳細については、下記のデータシートをダウンロードしてください。

その他のPolarバイオプロセスワークフローとレポートの詳細については、以下のリンクをご参照ください: 下流 | 上流 | 細胞株開発 | 分析開発t | 試薬 | レポート