Polar BioProcess

生物製剤の上流工程における進歩

細胞培養培地、給餌戦略、細胞株の改良はすべて、現代の高生産性アップストリームプロセスに貢献している。プロセスの集約化、連続灌流、シングルユースシステム、バイオシミラー、そして細胞治療や遺伝子治療のような高度な治療法の成長は、既存の技術を最適化し、新しい技術を調査することを上流開発チームに課している。

しかし、上流の開発科学者の多くにとって、データの取得と報告はいまだにエクセルで行われている。シェイクフラスコ内の細胞の生存率や成長を追跡するためだけでなく、バイオリアクター運転のオンライン、アットライン、オフラインのデータを比較するグラフを作成するのでさえ、通常、時間がかかり、エラーを起こしやすい転記ステップをいくつも踏む必要がある。科学者は、ハイスループット技術や強化された分析に対する需要の高まりに対応するため、より良い作業方法を必要としているのです。

0
%
のバイオ医薬品業界は、いまだに紙やエクセル、レガシーシステムを使ってバイオ医薬品の開発データを取得、保存、分析している。

このような製品ライフサイクルにわたるデータ管理の課題が生物製剤の開発を阻み、開発期間の延長と開発コストの上昇を招いている。

デモンストレーションを見る

IDBS Polar BioProcessは、クローンの選択から可溶化までのプロセス開発と最適化をサポートする、すぐに使えるワークフローを提供します。アップストリームには、哺乳類および微生物発現系用の細胞展開、バイオリアクター、採取(遠心分離/ろ過)、細胞溶解液調製、再懸濁/洗浄が含まれます。

統合された生物学的在庫管理は、細胞維持のための継代培養や種培養の拡大、収穫された細胞培養やサンプリングワークフローを通して完全なトレーサビリティを保証します。同じトレーサビリティが、培地や飼料などの使用材料や、高度な報告や根本原因分析をサポートする機器や装置にも適用されます。一貫性のある標準化されたデータ取得と自動化された計算により、手作業による転記に伴う負担とリスクを取り除き、データの完全性を向上させるとともに、培養の分割やプール、同一実験における複数のバイオリアクターの稼働をサポートする柔軟性を維持します。

Polar BioProcessワークフローは、プロセスデータと分析データの両方を実行時点で取り込むことにより、プロセスの理解と特性評価を改善する、より迅速な洞察を提供します。すぐに使えるレポートとインタラクティブなレポーティングツールは、最終的にプロセス説明、技術移転文書、生物製剤承認申請(BLA)などの重要な文書の作成をサポートします。

哺乳類および微生物培養の生産性とスケーラビリティを最大化する

多くの開発科学者にとって、データの取得と報告はいまだにエクセルで行われている。バイオリアクター運転のオンライン、アットライン、オフラインのデータを比較するグラフを作成するには、通常、時間がかかり、エラーが発生しやすい転記ステップがいくつか必要です。科学者は、ハイスループット技術や強化された分析に対する需要の高まりに対応するため、より良い作業方法を必要としているのです。

IDBS Polar バイオプロセス プロセスデータと分析データの両方をワークフロー全体にシームレスに統合し、より高い洞察力を提供することで、上流のユニットオペレーションを最適化し、最大の生産性を実現します。詳細はデータシートをご覧ください。

その他のPolarバイオプロセスワークフローとレポートの詳細については、以下のリンクをご参照ください: 下流 | 上流 | 細胞株開発 | 分析開発 | 試薬 | レポート

Polar BioProcessの詳細については、以下のフォームにご記入ください。