イベントトレードショー

バイオテクノロジーにおけるデジタル化のベストプラクティス、ホリデイ・イン、仁川松島、韓国

生物製剤市場や製造技術の新しいトレンドを発見し、成功事例を学び、この分野のトップエキスパートと交流する。

IDBSの韓国地域マネージャー、ポール・オーがバイオ製薬のデジタル化について語る。

製品ライフサイクル全体を通じて、より迅速でスマートな意思決定のためにデータの力を引き出す

バイオ医薬品業界は、開発ライフサイクルにおいていくつかの大きなボトルネックに直面しているが、これは効果的な方法によってのみ克服できる。 デジタルトランスフォーメーション.pharmamanufacturing.comの調査によると、60%を超えるバイオ製薬企業が、重要なステップの多くをいまだに紙とマイクロソフト・オフィスで管理している一方で、拡大する機器とデータのエコシステムの統合に苦慮しており、基本的なデータ管理と文書化に30-40%の時間を浪費している。

なぜなら、自動化、並列化、デジタル化の世界において、バイオ医薬品を加速させる主な障壁は、皮肉なことに、紙の記録とサイロ化されたデータで管理されるライフサイクルの脆弱性だからである。特に、スピードとイノベーションを推進するために必要なロケット燃料は、コンテキスト化されたデータなのである。

私たちはこの挑戦を受け入れ、バイオ医薬品ライフサイクルマネジメント(BPLM)システムは、ワクチンや治療薬などのバイオ医薬品の市場投入までの時間を短縮するために、すべての機器、すべての装置、すべてのソフトウェアからのデータを統合する。

バイオテクノロジーのデジタル化ベストプラクティスについて:IDBSとTableau Koreaの共同セミナーです。

今すぐ登録

その他のウェビナー

PIMS 5.1の新しいプロセス定義機能で品質保証をさらに強化

IDBS PIMSアップデート:新機能v5.1

IDBSが最新のイノベーションを発表 PIMSバイオ医薬品/バイオテクノロジー製造のための製品情報管理システム。バイオ医薬品/バイオテクノロジー製造のための製品情報管理システムです。