イベントトレードショー

ラボ・オブ・ザ・フューチャーUSA
ボストンパークプラザ

Vectura speaks on “Navigating software changes with confidence: don’t fear your updates!”

セキュアなデータバックボーンで、研究開発データの取得をデジタル化し、作業ポイントでコンテキスト化する。

新しい生物製剤の上市には通常10年以上かかるため、バイオ医薬品開発の全体的な効率と費用対効果を改善することが急務となっている。組織は、生命を変える医薬品を市場に送り出すために必要な業務効率化、コンプライアンスに準拠したデータ収集、タイムリーな洞察をもたらすデジタル・ツールに信頼を寄せている。

IDBSIDBSは、製品ライフサイクルにおける生産性、効率性、コンプライアンスの重要性を理解し、お客様がより迅速でスマートな意思決定を行うためにデータの力を解き放つことを支援します。IDBSプラットフォームは、お客様の使命を第一に考えて設計され、導入されています。 デジタルトランスフォーメーション バイオ製薬企業が最先端の科学に集中できるようにする。

お客様 ベクチュラ吸入器専門CDMOのリーディングカンパニーである旭硝子株式会社(本社:東京都港区、代表取締役社長兼CEO:辻本博文、以下「旭硝子」)は、「吸入器専門CDMO」の経験とベストプラクティスを紹介する。ベクチュラのアナリティクス・マネージャーであるデビッド・トーマス氏と、リード・プラットフォーム・プロダクト・マネージャーのジム・ブルックス氏による講演です、 GxP Strategy at IDBS.

製薬企業がデジタル・トランスフォーメーションの試みに邁進する中、ソフトウェアのアップデートやアップグレードに関しては、しばしばハードルや抵抗にぶつかります。ソフトウェアのアップデートはデジタル化の旅の必然的な部分ですが、痛みを伴う必要はありません。管理可能な量の品質と検証作業を可能にし、ビジネスプロセスやポリシーの変更を自信を持って予測できるようにするためだ。

Join David Thomas as he shares Vectura’s approach to streamlining successful updates to their SaaS data management platform, IDBS E-WorkBook – compliantly testing software changes, mitigating risks, reducing potential downtimes and minimally impacting business continuity and highlighting key aspects to facilitate successful validation of both system and workflow updates – all in a GMP CDMO organization.

Watch the presentation on-demand below.

もっと詳しく知りたい方は、ジム・ブルックスによるこの記事をお読みください。GxPコンピュータ・システムを使って、価値を生み出すまでの時間をどのように改善するか。

スピーカー紹介

デビッド・トーマス、アナリティクス・マネージャー、ベクトュラ

デビッド・トーマスは、ベクチュラのアナリティクス部門のマネージャーとして、ラボベースのハードウェアとソフトウェアのインフラプロジェクトを指揮している。ヴェクチュラのデジタルラボシステムとデジタルトランスフォーメーション戦略を、ヴェクチュラの最初の事業所での立ち上げから管理し、ヴェクチュラ全体の新しい部門や事業所への導入に至る。

化学のバックグラウンドを持ち、マンチェスター大学でMChemの学位を取得。ベクチュラのデジタルラボシステム導入に携わり、リーダーシップを発揮する前は、ベクチュラで8年間サイエンティストとして勤務し、物性評価を専門とした。

ジム・ブルックス、リード・プラットフォーム・プロダクト・マネージャー、 GxP 戦略, IDBS

ジム・ブルックスはIDBSのGxP戦略担当リード・プラットフォーム・プロダクト・マネージャーです。この役割において、彼は顧客が適用されるGxPコンピュータ化システム規制のコンプライアンスを達成し、維持することを支援することに焦点を当てたイニシアチブを定義し、提供する責任を担っています。彼の長年のキャリアは、QC、QA、ITの職務を含むバイオ製薬における20年以上にわたるもので、GxP規制環境におけるラボ情報システムの検証、展開、管理を担当していた。

チーム紹介

マイケル・キレン 北米セールス・ディレクター

マイケル・キリーン、IDBS北米セールス・ディレクター

2023年10月にIDBSに入社したマイケルは、バイオテクノロジー/バイオ医薬品業界で35年以上の経験を持ち、北米営業チームを率いている。  

IDBS入社以前は、Cytiva社でグローバル戦略アカウント・ディレクターとして12年以上を過ごす。Cytivaに入社する前は、キャリアの大半をSartoriusとPallで過ごし、様々な商業的職務を歴任した。 

メラニー・ジュバ バイオファーマ製品管理部長

メラニー・ジューバ、IDBSバイオファーマ製品管理部長

メラニーは製品管理部門の責任者として、グローバル製品戦略、ロードマップ、イノベーションを指揮している。  

Melanie has been part of the Danaher family for nine years, working at Sciex where she started in the applications team, focusing on solving customer challenges in BioPharma and omics workflows. She then held a variety of roles across the organization, including the commercial sales team and BioPharma business unit driving market growth in the life sciences markets through direct sales, marketing and product management.  

メラニーはジョージ・メイソン大学で化学と生化学の博士号を取得し、治療用タンパク質の物理化学的特性評価と質量スペクトル同定に取り組んだ。他の生物学的応用における質量分析の知識を深めるため、博士研究員として研究を続けた。

フィ・リッチ グローバル戦略アカウント・マネージャー

フィ・リッチ、IDBSシニア・アカウント・マネージャー

FiはIDBSに入社して2年になり、バイオ製薬、CRO、CDMOの顧客がデジタルおよびデータ戦略の目標を達成するためのサポートを担当している。  

IDBS入社以前は、J&J、バクスター、オリンパスメディカルを含む複数の企業で、医薬品、医療技術、システム統合の商業面で20年以上を過ごす。マーケティングや専門教育から、P&L責任やM&Aまで多様な経験を積んだFiは、最適化されたチェンジマネジメントを通じて、クライアントがプログラムの改善を達成できるよう、さまざまなビジネス上の課題を解決する手助けをすることができる。 

ノッティンガム・トレント大学で応用科学の学位を取得。  

ラボ・オブ・ザ・フューチャーUSAについて 何百人ものライフサイエンス研究のリーダーたちと一緒に、バイオ製薬研究開発の未来に関する最も革新的で最も出席者の多い会議に参加しましょう。

ラボ・オブ・ザ・フューチャーでは、適切なトピックに関するさまざまな経験、知識、視点を集めるために時間と労力を費やし、セッションが洞察に満ちたディスカッションと新しいアイデアの創出につながるよう、司会進行に工夫を凝らしている。

その他のウェビナー

Digital Maturity Webinar Series

The Digital Maturity Webinar series will guide you through the steps necessary to unlock the full potential of digital solutions…

PIMS 5.1の新しいプロセス定義機能で品質保証をさらに強化

IDBS PIMSアップデート:新機能v5.1

IDBSは、バイオ製薬/バイオテクノロジー製造のための製品情報管理システムPIMSの最新イノベーションを発表しました。お客様のシングルソースとして...