イベントトレードショー

第10回記念アメリカンバイオマニュファクチャリングサミット
ハイアット・リージェンシー・サンフランシスコ・エアポート

4月11日に開催されるワークショップに参加し、使用する関連データを見つけるという課題を克服するための戦略を確認する方法を学びましょう。

30年以上にわたる業界の専門知識と経験に基づくSaaSソフトウェアで、お客様のデジタルトランスフォーメーションを実現します。

10周年記念イベント 米国バイオ製造サミット IDBSの目的別ソフトウェアソリューションが、バイオ製薬のライフサイクルとサプライチェーン全体で顕著なデータ管理の課題にどのように対処しているかをご覧ください。

ワークショップに参加する 午前11時10分(太平洋標準時)より、IDBS製造部門リード・プロダクト・マネージャー、ケン・フォアマン氏、Aventior共同創業者兼CTO、アビジット・レイ氏による講演「データは製造AIの取り組みに必要な資産である」が行われる。 そして発見するのだ:

  • 予測分析に基づくAIモデルによって、企業はどのようにプロセス理解を向上させたいのか?
  • 統計モデルであれメカニスティック・モデルであれ、いかに優れたトレーニングデータが必要であるか、また、いかに多くのトレーニングデータが必要であるか。
  • 使用する関連データを見つけるという課題を克服し、非構造化レガシーデータをGMPデータに活用し、有意義なモデル開発をサポートする戦略
今すぐ登録

米国バイオマニュファクチャリングサミットについて: 業界で最も上級レベルのバイオ製造会議およびネットワーキング・イベントの1つであるこのイベントは、製造、アウトソーシング、生産能力管理、品質保証、品質管理、規制遵守、オペレーショナル・エクセレンス、サプライチェーン、ロジスティクスにおける最新動向、戦略的洞察、ベストプラクティスをバイオ製薬企業の経営陣に提供することを目的としている。

ワークショップ・スピーカー紹介

ケン・フォアマン、IDBS製造部門リード・プロダクト・マネージャー

ケン・フォアマン、IDBS製造部門リード・プロダクト・マネージャー

ケンは30年以上にわたり、ソフトウェアおよびライフサイエンス業界を中心に、製品、プロジェクト、ITオペレーションのリーダーシップに携わってきた。バイオ医薬品の製造工程データを管理するソフトウェアを専門とするIDBSに入社する前は、BIOVIA社でプロジェクト管理担当ディレクターを務めた。それ以前は、Fischer Imaging社でコマーシャルオペレーション担当ディレクター、Allos Therapeutics社およびGenomica社でIT担当ディレクターを務めた。 

カリフォルニア大学ポリ校でコンピューターサイエンスの理学士号、コロラド大学デンバー校でMBAを取得。 

アビジット・レイ CTO 共同創業者 アベンティオール

アビジット・レイ、アベンティオール共同創業者兼CTO

アビはアベンティオールのCTO兼共同設立者。ボストンを拠点とし、クラウドコンピューティング、AI/ML、データエンジニアリングに特に重点を置き、バイオ製薬およびライフサイエンス分野の技術プラットフォームの構築と推進に強い基盤を持つ。特にクラウドコンピューティング、AI/ML、データエンジニアリングに重点を置いている。 デジタルトランスフォーメーション.アビは、医薬品開発を迅速化し、臨床試験を合理化し、バイオ医薬品の製造プロセスを強化するための最先端のデータソリューションの設計と開発に尽力してきた。

アビは、バイオ医薬品製造において、AI技術(OCR、IDP、NLP、LLMなど)を用いて非構造化データの可能性を引き出すことに注力してきました。アビは、アベンティオールの主力AIプラットフォームであるCPV Auto™の設計を主導し、MS&Tおよびテクニカルオペレーションにおけるデータ収集の自動化と合理化のために、10社以上のグローバルなバイオ医薬品企業に導入されています。

チーム紹介

デイブ・ワトラス VPセールス カスタマーサクセス マーケティング

デイブ・ワトラス、IDBS営業・カスタマーサクセス・マーケティング担当副社長

デイブは、市場における当社のソリューションの位置づけ、新規顧客の獲得、既存顧客アカウントの拡大を担当する商業部門を率いています。彼は、IDBSの完全な価値を顧客一人ひとりに、そして彼らの購買ジャーニーのあらゆる段階で提供することによって、当社のビジネスを成長させることに明確な重点を置いています。 

CDMO、CRO、ライフサイエンス市場において、20年以上にわたって業務・商業チームを率いた経験を持つ。以前は、Covance社やCytiva社などのバイオ製薬会社で上級商務職を務め、$2億円以上の収益を上げるチームを率いた。  

ミネソタ大学で遺伝学・細胞生物学・発生学の理学士号と生化学の理学士号を取得。その後、ウィスコンシン大学の大学院でがん生物学を専攻し、修士課程を修了して博士課程を退学した。 

クリスティン・バーニッツ・ロドリゲス グローバル戦略アカウント・マネージャー

クリスティン・バーニッツ-ロドリゲス、IDBSグローバル戦略アカウントマネージャー

クリスティンは、アメリカを拠点とする主要アカウントをサポートするグローバルアカウントマネージャーです。クリスティンは非常に顧客志向が強く、顧客と協力してニーズに最適なソリューションを見つけることに情熱を注いでいる。彼女はライフサイエンス研究と生物製剤製造における20年の商業経験を持ち、最近IDBSに入社した。 

北イリノイ大学で物理学の理学士号、バージニア大学で生物物理学の修士号を取得。  

マイケル・バーンズ リード・ソリューション・コンサルタント

マイケル・バーンズ、IDBSリード・ソリューション・コンサルタント

マイケルは学際的なベンチサイエンティストであり、ブロード研究所で希少がんを分離したり、CROで細胞ベースの毒性アッセイを自動化したりと、さまざまな役割/企業で働いてきた。

IDBSに移籍する前、マイケルはファイザー社に3年間勤務した。 バイオプロセス R&D細胞株開発グループで、さまざまなベクター/発現系を評価し、遺伝子型レベルでの表現型の変化を調査している。 

その他のウェビナー

PIMS 5.1の新しいプロセス定義機能で品質保証をさらに強化

IDBS PIMSアップデート:新機能v5.1

IDBSが最新のイノベーションを発表 PIMSバイオ医薬品/バイオテクノロジー製造のための製品情報管理システム。バイオ医薬品/バイオテクノロジー製造のための製品情報管理システムです。