トレードショーウェビナーPIMS 5.1の新しいプロセス定義機能で品質保証をさらに強化

PIMS 5.1の新しいプロセス定義機能で品質保証をさらに強化

このウェビナーでは, マロリー・ターナーを聞く PIMS リード・プロダクト・オーナー、 PIMS 5.1の新機能をご紹介します。

PIMS 5.1がリリースされました

IDBSは、バイオ製薬/バイオテクノロジー製造のための製品情報管理システムであるPIMSの最新イノベーションを発表しました。PIMSは、集約された製造データへのコンテキスト化されたアクセスを提供し、重要な製造プロセスと品質データの効率的な収集、共有、分析のための単一のデータ真実源を提供し、継続的なプロセス検証(CPV)、調査、プロセスの最適化をサポートします。

最近のPIMSの工程定義機能強化に基づき、工程定義テンプレートにより、製薬メーカーは工程ステップと品質仕様をテンプレート化し、工程定義のセットアップを迅速化し、製造チーム全体の調和を改善することで、品質保証(QA)と「right-first-time」イニシアチブをさらに強化することができます。

この30分間のウェビナーでは、リード・プロダクト・オーナーのマロリー・ターナーによる新機能の紹介と質疑応答をお聞きいただけます。

スピーカー紹介

マロリー・ターナー

マロリー・ターナー

リード・プロダクト・オーナー、IDBS

マロリー・ターナーはIDBS(旧Skyland Analytics)のシニア・マニュファクチャリング・インテリジェンス・スペシャリスト。彼女は 定量的研究の修士号 デンバー大学でMethods / Research Methods and Statisticsを専攻。大学院卒業後、コロラド州の スタートアップ の分析コンサルティングチームとしてエージスを呼んだ。 ディスカバレント.8年間、バイオ医薬品製造のさまざまなソフトウェアに携わり、次のような経験を積んだ。 既成 顧客モニタリングシステムおよび社内ガイドライン、CPVおよび調査に関するベストプラクティストレーニングを実施し、また、直接、顧客モニタリングシステムおよび社内ガイドラインを実施した。 アシスト多い ある問題に対する特別な目が必要なときに、顧客調査を行う。統計オタクを自認するマロリーは、次のように考えている。 大喜び この2年間は、顧客とのPIMSの導入をリードし、製品開発への戦略的なアドバイスや、見込み客へのデモを実施してきた。ここ2年間は、顧客とのPIMSの導入を主導し、製品開発について戦略的な助言を行い、見込み顧客にデモを提供している。 

その他のウェビナー

Digital Maturity Webinar Series

The Digital Maturity Webinar series will guide you through the steps necessary to unlock the full potential of digital solutions…

PIMS 5.1の新しいプロセス定義機能で品質保証をさらに強化

IDBS PIMSアップデート:新機能v5.1

IDBSは、バイオ製薬/バイオテクノロジー製造のための製品情報管理システムPIMSの最新イノベーションを発表しました。お客様のシングルソースとして...