ニュース

ニュース|2021年8月5日

スマートなデータ管理でバイオファーマはデジタル・ツインをどう受け入れるか

IDBSのアルベルト・パスクアル氏は、デジタル・ツインが研究開発におけるイノベーションの促進にどのように役立つかをMedCity Newsに語っている。

記事はこちら.

IDBSについてお問い合わせ

もし デジタルトランスフォーメーション パンデミックは、イノベーションを推進する上でも、想定外の事態に対処する上でも、デジタルツインが極めて重要であることを示す警鐘となった。デジタル・ツイン(現実の構造、機器、プロセスの完全なインシリコ・レプリカ)を構築する能力は、デジタルトランスフォーメーションの説得力のある利点である。どのような業界にとっても、デジタル・ツインはプロセスを理解し、通常業務外の事象に先手を打つための非常に効率的な方法である。
バイオプロセス業界にとっても、デジタルツインには大きな可能性がある。完全に把握していないことをモデル化し、シミュレートすることは難しいが、我々は日々それに近づいている。私たちは、データの保存と管理という旧来のシステムから、データをキュレーションし、理解しやすい方法で統合と文脈化を提供するシステムへとシフトする必要がある。このようなシステム(バイオ医薬品ライフサイクル管理システム:BPLM)を採用することで、データの収集と分析がより豊かになるだけでなく、バイオ医薬品におけるデジタルツインの作成が可能になります。