AWSの優れたテクノロジーソリューション

情報シート

Amazon Web Services(AWS)のWell-Architectedフレームワークとは?

AWS Well-Architectedフレームワークは、クラウドアーキテクトがアプリケーションのために、セキュアで、高パフォーマンスで、弾力性があり、効率的なインフラストラクチャを構築することを支援するために開発されました。オペレーショナルエクセレンス、セキュリティ、信頼性、パフォーマンス効率、コスト最適化という5つの柱に基づくこのフレームワークは、お客様とパートナーがアーキテクチャを評価し、長期にわたって拡張できる設計を実装するための一貫したアプローチを提供します。

AWS Well-Architected Frameworkには、ユーザーがAWSのベストプラクティスに照らし合わせてワークロードを比較し、安定した効率的なシステムを構築するためのガイダンスを得ることで、機能要件に集中できるようにするための戦略が含まれている。

詳細はこちら: https://aws.amazon.com/architecture/well-architected/

5つの柱は何を測るのか?

5つの柱には、以下のことが反映されている:

1.オペレーショナル・エクセレンス

ビジネス価値を提供するためのシステムの運用と監視、プロセスと手順の継続的な改善に重点を置く。主なトピックは、変更の管理と自動化、イベントへの対応、日常業務をうまく管理するための標準の定義などです。

2.セキュリティ

情報とシステムの保護に焦点を当てる。主なトピックは、データの機密性と完全性、権限管理による誰が何をできるかの特定と管理、システムの保護、セキュリティイベントを検出するためのコントロールの確立などです。

3.信頼性

ビジネスと顧客の要求に応えるために、障害を予防し、障害から迅速に回復する能力に焦点を当てる。主なトピックは、セットアップ、プロジェクト横断的な要件、復旧計画、変化への対処方法などに関する基礎的な要素です。

4.パフォーマンス効率

ITおよびコンピューティング・リソースの効率的な利用に焦点を当てる。主なトピックには、ワークロードの要件に基づいた適切なリソースの種類とサイズの選択、パフォーマンスの監視、ビジネスニーズの変化に応じて効率性を維持するための情報に基づいた意思決定などが含まれます。

5.コストの最適化

不必要なコストの回避に焦点を当てる。主なトピックは、どこにお金が使われているかを理解しコントロールすること、最も適切で適切な数のリソースタイプを選択すること、経時的な支出を分析すること、使いすぎることなくビジネスニーズを満たすために拡張することなどである。

どのような科学分野であれ、IDBS E-WorkBook クラウドプラットフォームは、データと従業員をつなぐお手伝いをします: contact@idbs.com

情報シートをダウンロード
デモのリクエスト専門家とつながる

詳細情報シート

E-WorkBookアドバンス

一貫したデータ収集、強力な分析、迅速なレポート作成機能により、スループットを向上させます。

F.A.I.R.であることの緊急性

なぜ科学者はデータを最大限に活用しないのか?この記事では、データ活用を阻む要因について議論する...