E-WorkBook ラベル印刷

情報シート

E-WorkBookプラットフォームは、エンタープライズ展開用に設計されています。

研究者は、転記のオーバーヘッドを減らし、一貫性と品質を確保するために、データをシステム間で転送できることを期待している。そして E-WorkBook 統合、IDBSはデータ管理プラットフォームと研究システムをシームレスに接続するためのフレームワークを提供し、豊富な機能を持つAPIと拡張ポイントを活用して、機器やサードパーティのデータシステムとの統合を容易にします。

バーコードは、科学的な環境においてサンプルのラベル付けや追跡に広く使用されています。ラベル印刷統合コンポーネントは、BarTender™ テクノロジーを使用して E-WorkBook Advance と E-WorkBook Inventory に統合されており、エンドユーザーはアプリケーション内から簡単にラベルを作成することができます。

このツールは実際にどのように使われているのか?

E-WorkBook Advanceでは、ラベルに含まれる関連データフィールドを統合するテンプレートを設定できます。サンプルIDのような重要な情報は、BarTender™が提供するフォントを使用して1D/2Dバーコードに変換できます。管理者は、BarTender™ デザインツールを使用してラベルのレイアウトを設定できます。スプレッドシートのアクションパネルから、ラベル印刷イベントをトリガーすることができます。

E-WorkBookインベントリでは、BarTender™ラベルテンプレートの例が、インベントリプロパティからのデータを使用するために事前に設定されており、BarTender Designer™内で編集することもできます。印刷アイコンをクリックすると、データが印刷用に BarTender™ に送信されます。

どのように機能するのか?

E-WorkBook Advanceでは、管理者はスプレッドシートの内容から必要なデータフィールドを指定する印刷テンプレートを設定できます。E-WorkBook Inventoryでは、ユーザーはアプリケーション全体の専用オプションからラベル印刷を選択できます。

スプレッドシートまたはインベントリレコードのどちらかのデータを使用して、E-WorkBook内のキューに送信されるメッセージを作成します。メッセージの情報は、ラベルにデータを入力するだけでなく、部数、プリンターの場所、適用するデザインテンプレート(ラベルのフィールドをフォーマットする)を指定するために使用されます。

利用を容易にするために、BarTender™プリンターとテンプレートのリストは、E-WorkBook内で選択できるように、集中E-WorkBookカタログに設定することができます。

どのように配備されるのか?

E-WorkBookのラベル印刷は、シーガルサイエンティフィック社のBarTender™テクノロジーで構築されています。顧客のネットワーク上に配置されたBarTender™の「エージェント」を使用し、E-WorkBookから印刷要求を取得し、印刷するためにBarTender™に渡します。以下のステップは、E-WorkBookを使用したラベルの印刷プロセスの概要です:

  1. 印刷要求は、E-WorkBook Spreadsheet Web EditorまたはInventory for E-WorkBookのいずれかからトリガーされます。
  2. 印刷要求はE-WorkBookのメッセージキューに渡される。
  3. BarTender™エージェントは、メッセージキューからリクエストを取得し、BarTender™ SDKを経由してBarTender™に渡します。
  4. BarTender™ ソフトウェアがラベルを印刷します。

IDBSはどのようなサービス/ソフトウェアを提供していますか?

IDBSのプロフェッショナルサービスチームはBarTender™エージェントの導入、設定、統合のテストを行います。

顧客は何を提供する必要があるのか?

  • BarTender™ 2016 AutomationまたはEnterprise Automation、またはBarTender™ 2019 AutomationまたはEnterprise Edition(64ビット版のみ)。
  • Bartender ソフトウェアとエージェントのインストールと管理を行うシステム管理者の有無

BarTender™のロゴは、Seagull Scientific Inc.の著作物です。

情報シートをダウンロード
デモのリクエスト専門家とつながる

詳細情報シート

E-WorkBookアドバンス

一貫したデータ収集、強力な分析、迅速なレポート作成機能により、スループットを向上させます。

F.A.I.R.であることの緊急性

なぜ科学者はデータを最大限に活用しないのか?この記事では、データ活用を阻む要因について議論する...