E-WorkBook機器リーダー

情報シート

E-WorkBookプラットフォームは、エンタープライズ展開用に設計されています。

研究者は、転記のオーバーヘッドを減らし、一貫性と品質を確保するために、データをシステム間で転送できることを期待している。そして E-WorkBook 統合、IDBSはデータ管理プラットフォームと研究システムをシームレスに接続するためのフレームワークを提供し、豊富な機能を持つAPIと拡張ポイントを活用して、機器やサードパーティのデータシステムとの統合を容易にします。

機器リーダー機能により、E-WorkBookはデジタル天秤、pHメーター、ピペット、キャリパーなどの一般的な実験機器に統合することができます。これにより、研究者は手作業で転記することなく、簡単に測定値を電子実験ノートに直接取り込むことができます。

このツールは実際にどのように使われているのか?

Instrument Readerツールは、ネットワーク化されたラボ環境と統合され、測定データを直接記録することができる。 GxP 環境を提供します。ライブの実験データを取り込むだけでなく、このツールは機器のキャリブレーションを管理するE-WorkBookテンプレートと組み合わせて使用することもできる。

メトラー・トレド(Mettler Toledo™)、ザルトリウス(Sartorius™)、エッペンドルフ(Eppendorf™)、オウス(Ohaus™)など、一般的な実験機器メーカーの測定データがサポートされています。

装置メーカーのロゴの著作権は、Mettler Toledo Inc、Sartorius AG、Eppendorf AG、Ohaus Corporationに帰属します。

どのように機能するのか?

測定器はデータ転送のためにネットワークに接続する必要があります。ほとんどの最新機器はネットワーク用のTCP/IPポートを備えていますが、RS232インターフェースを備えた古い機器は、Lantronix™のようなシリアル-イーサネットアダプターを使用してネットワーク化することができます。

E-WorkBookプラットフォームでは、管理者は、エンドユーザーが実験で簡単に選択できるように、すべての機器の集中リストを作成するカタログを設定することができます。カタログは、使用する機器を参照するための名前、用語、IPアドレス、ポートを含むように設定されます。機器から受信したデータを解析して表示するために、正規表現などのドライバ情報を追加することもできます。また、測定器リーダー機能を設定することで、読み取りが成功したときや、読み取りを試みたときに問題が発生したときに、音声で知らせることも可能です。

どのように配備されるのか?

機器リーダコンポーネントは、標準の E-WorkBook インストールに含まれており、設定されたネットワーク機器と直接通信します。E-WorkBookクラウド展開では、この通信は顧客ネットワークへのVPN接続を介して行われます。

IDBSはどのようなサービス/ソフトウェアを提供していますか?

IDBSのプロフェッショナルサービスチームは、お客様の現場でソフトウェアのインストール、設定、テストを行い、装置の生データの解析を設定します。

顧客は何を提供する必要があるのか?

  • ネットワーク化された検査機器インフラ
  • 装置通信のためのVPN接続
  • E-WorkBookインスタンス(オンプレミスの場合)とラボ機器を管理するシステム管理者の可用性
  • 統合コンポーネントのGxPバリデーションは、PQプロセスによって対処される。

 

情報シートをダウンロード
デモのリクエスト専門家とつながる

詳細情報シート

E-WorkBookアドバンス

一貫したデータ収集、強力な分析、迅速なレポート作成機能により、スループットを向上させます。

F.A.I.R.であることの緊急性

なぜ科学者はデータを最大限に活用しないのか?この記事では、データ活用を阻む要因について議論する...