イベント|2019年3月27日

バイオプロセス・インターナショナル・ヨーロッパ

科学、技術、ビジネスを結びつけ、バイオプロセスを最適化する

ブース#93にお越しいただき、2019年4月4日9:30からUnjulie Bhanotの講演をお聞きください。 登録はこちらから。

生物製剤開発ライフサイクルにおけるデータ管理最適化の機会

本セッションでは、効果的なバイオプロセス・ソリューションが、生物製剤の開発ライフサイクル全体にわたる業務をどのように変革し、科学的かつビジネス的な洞察力を向上させることができるかをご紹介します。

  • 生物製剤開発におけるデータ管理の一般的な問題点
  • 非効率なデータ管理の影響
  • 既存の障壁を打破するための分岐点、

生物製剤開発業界の関係者が、より早く、よりコスト効率よく、新規で高品質の治療薬を患者に届けるという目標を追求するにつれ、サイエンス、テクノロジー、ビジネス・オペレーションのデータを統合する必要性がより強く、必須となっている。

そのデータの管理は、新しい生物学的製剤の開発・製造を担当するエコシステムを構成するさまざまなグループ、施設、外部パートナーの存在によって複雑になる。
この問題をさらに複雑にしているのは、生物製剤開発業界では、データインテグリティに関する規制や承認方針が強化され、運用コストが増大していることである。その結果、組織はしばしば、標準化されていない可能性のある、価値の高い科学的データやプロセスデータを大量に生成し、通常、バラバラの場所や接続されていないシステムに保存している。

生物製剤の開発データもまた、収集から統合、処理、分析といったライフサイクルを経て、共有か保存、通常はその両方が必要になる。これをエコシステム全体に広げると、生物製剤データ管理を最適化し、より効率的に実施できる機会が数多くあることがわかる。

IDBSについてお問い合わせ

その他のニュース