プレスリリース|2018年9月10日

クリスチャン・マルカッツォがIDBSの副社長兼ゼネラルマネージャーに就任

イギリス、ギルフォード、10th 2018年9月 - エンタープライズ科学インフォマティクス・プラットフォームのリーダーであるIDBSは本日、以下を発表した。 クリスチャン・マルカッツォ が副社長兼ゼネラル・マネージャーとして入社した。

クリスチャンは、IDBSの運営とインフォマティクス・ソリューション事業の成長を担当する。 Danaher ライフサイエンス・プラットフォーム。

クリスチャンは、事業戦略の確立、有機的および無機的機会の評価による将来の成長の見極め、販売およびプロフェッショナル・サービス戦略の完璧な実行の推進、新製品ロードマップの実行、勝てるチームの獲得と育成など、P&Lの責任を担う。

「IDBSの有能で献身的なチームの一員になれることをうれしく思います。 とクリスチャンは言った。

「IDBSの技術は、多くの組織の研究開発努力のバックボーンとなっており、重要な研究データの取得、管理、報告を可能にしています。IDBSのエンタープライズ科学インフォマティクス・プラットフォームに関する専門知識とDanaherのビジネスシステムおよびグローバルリーチの組み合わせは、我々の顧客にとって長期的な成長と革新の原動力になると確信しています。"

「新しい個別化治療や生物学的治療の成長、あらゆる市場におけるヘルスケアの状況の変化、研究開発業務の外部化の進展、クラウドの台頭はすべて、ライフサイエンス市場全体の変革と革新の力となっています。IDBSは、こうした変化に対応するために顧客と協力してきたリーダーであり、今後もそうしていくことができると確信しています。"

パーキンエルマー・インフォマティクス社でアナリティクス&サーチ担当副社長を務めた後、英米独のTIBCO社、Spotfire社、LIONバイオサイエンス社などに勤務。営業、マーケティング、製品管理でグローバルな上級職を歴任。

カリフォルニア大学バークレー校で分子細胞生物学の学士号を取得。英国ギルフォードのIDBS本部を拠点とする。

IDBSがDanaher株式会社の傘下に入るSCIEX、Phenomenex、Beckman Coulter Life Sciences、Pall、Leica Microsystems、Molecular Devicesといった企業とともに、2017年後半にライフサイエンス・プラットフォームを立ち上げた。

IDBSについてお問い合わせ

その他のニュース