イベント|2017年11月27日

グローバル製薬R&Dインフォマティクス会議

以下のサイトをご覧ください。 ブース4 をご覧ください。名刺を交換して無料のコーヒーを飲んだり、クリスマスに間に合うようにホットウィールのコンペティションにご参加ください!

ローレンス・ペイネル副社長(マーケティング担当)も、このイベントで次のように話す予定だ。 1日目、トラック2:システム・インテグレーションとワークフローの最適化 15:00. について話す予定だ。 "今後10年間の研究開発におけるインフォマティクスの動向 - 今何が起きているのか、科学者やデータサイエンティストとして何を期待すべきか"

このプレゼンテーションで提起された疑問は以下の通りである:

  • 新たな科学は、インフォマティクス・プロバイダーにどのような要求を突きつけているのだろうか?科学は今や、ほんの10年前には考えられなかったような多くのことを要求している。
  • 研究開発におけるデータに対する考え方をすでに変えつつあるクラウドと新しいテクノロジーとは何か?
  • 科学ワークフローの変化と、「セキュリティ」、データ転送、コミュニケーション、レポートへの影響 - 私たちが考えていることと、実際の世界で起こっていること。

 

1-2-1ミーティングをご希望の場合
メールにて グレアム・サンガー EMEA事業開発部長.

 

リスボンでお会いできるのを楽しみにしています! 詳細はこちら。

当社の科学情報学プラットフォーム「The Science Informatics」について、さらに詳しくお知りになりたい方は、以下をご覧ください。 E-WorkBook クラウドがどのように未来を形作るのか、このウェビナーにお申し込みください: "ラボにおけるオペレーショナル・エクセレンスの達成" 顧客であるバイエルまたは 当社のウェブサイトをご覧ください.

IDBSについてお問い合わせ

その他のニュース