プレスリリース|2016年5月19日

フロンテッジバイオ分析ラボ、IDBS E-WorkBook 10でペーパーレス化

  • 大手CROがE-WorkBook 10を使用することで、フロンテッジは効率を40%向上させることができる。

  • フロンテッジは、ラボ全体のエンド・ツー・エンドのオペレーションを管理する単一のプラットフォームを導入します。

  • バイオ分析ラボにおける品質、コンプライアンス、トレーサビリティの実施

2016年5月19日、米ボストン&英ロンドン - フロンテッジ研究所米国と中国にラボを持つフルサービスの開発業務受託機関(CRO)であるIDBSは、このたび、米国と中国にラボを持つフルサービスの開発業務受託機関(CRO)であるIDBSを選定した。 E-WorkBook 10 を研究施設全体に展開する。グローバルな電子実験ノートとしての役割に加え(エルエヌ)、ペンシルバニアを拠点とするバイオ分析(BA)ラボは、IDBS BAソリューションをラボ実行システムとして導入しています。これらのワークフロー構成は、GLPラボ全体にわたって、エンドツーエンドのコンプライアンス、品質、トレーサビリティを保証します。

「私たちのビジネスでは、紙ベースのプロセスや保管要件が多すぎることが課題となっていました。IDBSの E-WorkBookフロンテッジの事業開発担当副社長であるアズハル・カリム氏は、次のように語っている。「私たちは、非常に短期間で40%程度の効率向上を見込んでおり、それは時間の経過とともにさらに向上するでしょう。「サンプル分析は、すべての材料と試薬を電子的に追跡し、リアルタイムQCを導入してバイオ分析法への適合を保証することによって合理化されます。最終的な結果は、より高い品質と、発生したサンプル結果の迅速なターンアラウンドとなります。"

大手 医薬品開発 E-WorkBookの導入により、フロンテッジはすべてのバイオ分析試験において「Audit by Exception」パラダイムを導入することができます。E-WorkBookにより、フロンテッジはすべての生物学的分析試験において「Audit by Exception」パラダイムを導入することができます。分析者は、材料の準備から機器の管理まで、有効なワークフローを通して導かれる。

現在52台の質量分析計があり、まもなく56台に増えます。以前のプロセスは、質の悪い道路を非常に速い車で走ろうとしているようなものでした。ELNソリューションの調査を重ねた結果、IDBSが私たちのパートナーであることは明らかでした。必要なワークフローのカスタマイズを制限したことで、ペンシルバニアでの完全な立ち上げと運用が非常に迅速にできるようになると期待しています。まったく新しいプロセスを作るわけではありません:E-WorkBookは、私たちの現在のプロセスにうまくフィットするので、私たちの既存の仕事のやり方に、より合理化され、より速くオーバーレイすることができます。"

より質の高い結果と迅速なタイムラインを達成するための重要な差別化要因は、IDBSラボ実行システム(LES)の導入である。このようなシステムは、シンプルな電子実験ノート(ELNを拡張する。 リムス ラボのプロセスを推進するための能力である。

フロンテッジラボは、品質とコンプライアンスを重視した観点からBA業務にアプローチすることで、BAラボ業務の革新を目指しています。また、E-WorkBookをBAラボ内のエンド・ツー・エンド業務を管理する単一プラットフォームとして展開することは、第1相臨床試験からDMPK、さらにはCMC(製品開発)サポートに至るまで、統合的なサンプル登録・追跡など、多様なCRO機能を統合するための一歩でもあります。

「IDBSの北米事業担当副社長であるマイケル・ハンプトンは、次のように述べています。「今日、ラボがCRO(医薬品開発業務受託機関)や革新的なバイオテクノロジー企業と提携して成果を出すことが増えているため、より迅速かつスマートに業務を進めることが重要となっています。「E-WorkBook 10により、フロンテッジは最先端のテクノロジーと単一のインフォマティクス・プラットフォームを使用し、組織全体で有効なメソッドの実行と資産の追跡を促進しています。E-WorkBook 10を使用することで、試験のサイクルタイムを劇的に短縮し、高品質な結果を提供することができます。"

E-WorkBook 10は、フロンテッジの全事業部門に共通のインフォマティクス・プラットフォームを提供し、データの整合性とセキュリティを維持する。また、既存のラボ技術と統合し、ワークフローを合理化する。CROは今後1年間で、他のグローバル拠点にもE-WorkBook 10を展開する予定です。

IDBSについて

IDBS社は、研究開発(R&D)組織向けに、構造化データおよび非構造化データを安全に取得、管理、共有、活用するための先進的なソフトウェアを提供するリーディング・グローバル・プロバイダです。IDBSのテクノロジーと専門知識により、ユーザーはデータとデータ、データと人、人と人を結びつけることができ、イノベーションの推進、市場投入期間の短縮、利益率の向上を実現することができます。当社の多様な顧客リストには、製薬、バイオテクノロジー、農業科学、化学、消費財、エネルギー、エンジニアリング、食品・飲料、ヘルスケアなどの研究開発型国際企業が含まれています。

1989年に設立されたIDBS社は英国に本社を置き、ヨーロッパ、アジア、米国にオフィスを構えている。IDBS社は現在も株式非公開企業であり、世界中で250人以上のスタッフを雇用し、25カ国で50,000人以上の研究者にサービスを提供している。

IDBSについてお問い合わせ

その他のニュース