IDBSブログ|2016年1月5日

優れたソフトウェアを提供するためのストーリー

IT企業として

優れたソフトウェアを作りたい

そうすることで、多くの顧客が私たちの製品を購入することになる。

これはユーザーストーリーと呼ばれるもので、喜ばせようとする特定の個人の視点から書かれた製品要件である。成功するためのシンプルなストーリーのように聞こえるでしょう?残念なことに、このストーリーはかなり大きいので、管理しやすい断片に分解するために、言われていることの重要な側面を見てみましょう。

「素晴らしい

卓越性は一夜にして実現するものではない。消耗品の生産者は皆、優秀だと思われるものを作りたいと思っているだろうし、もしそれを望むだけでいいのなら、消費者として二流の製品を買う心配はなくなるだろう。しかし、用心深い皆さんは、何かを買う前に必ず製品レビューを読むに違いない。品質に保証はないからだ。本当に優れたものを作るには、3つのことが必要だ:

  1. 適切な人材製品を作るのは人だ。自分たちが作っているものが最高の製品になると信じ、全面的に関与している適切な人材。
  2. 適切な道具。ビジネス界で最高の人材がいても、壁に絵を貼るのにハンマーを持たせれば、結果は美しくない。
  3. 正しいプロセス。最初から正しい方法で何かを作り、テストすれば、その先で問題が発生する可能性は低くなる(フォルクスワーゲンに聞いてみてほしい)。また、組織が大きくなればなるほど、不必要な無駄を生む冗長なステップやピンチ・ポイントを減らすことが重要になる。 

顧客

顧客は要求が多いが、常に正しい。生産者として、顧客が何を求めているかを指示することはできないが、顧客の声に耳を傾けてニーズを理解し、製品の開発方法においてそれに対応することはできる。これは祝福でもあり、呪いでもある。植物が光に向かって成長するように、以前は考えられなかったような領域で製品が花開くのを助けることもあれば、植物が他の条件下ではもはや成長しないほど特殊なニッチから抜け出せなくなることもある。

これら2つの結果の間で適切なバランスを取るために、プロデューサーにとって最も重要なツールはフィードバックである。初期のフィードバックによって、追加される製品や機能が真のニーズを満たすものであるという仮説を確認することができる。さらにフィードバックを重ねることで、そのニーズの最も重要な側面を満たすように納品される製品に磨きをかけ、可能な限り幅広い顧客層を確保することができる。そのためには、さまざまな潜在顧客との定期的な対話と、開発を主導する人々による慎重な分析が必要であり、その結果、焦点を当てるべき正しい分野を選択することができる。

"買う"

なぜ人は何かを買うのか?今持っているものでは満たされないニーズがあるのだ。なぜ誰かがあなたの特定の何かを買うのか?あなたの特定の何かが、顧客の価格帯にある競合製品よりも、彼らのニーズのより多くの要件を満たしている。どうすれば、あなたの製品は最大限の顧客要求を満たすことができるのか?機能提供の優先順位を慎重に決めることだ。どのような製品であれ、時間と資金があれば、それを改善するために追加できる機能は常にある。

「IDBS

つまり、ストーリーのゴールを達成するために必要なのは、ビジネスを正しい方法で立ち上げること、顧客の声に耳を傾けること、そして適切な製品を適切なタイミングで生み出すために機能の提供に優先順位をつけることなのだ。IDBSでの今年は、これらの目標を達成することに全力を注いできた。

ウォーターフォール・アプローチからアジャイル・アプローチへの開発スタイルの転換により、私たちはプロセスを合理化し、製品をより早く、予定通りに提供することができるようになりました。IDBSは、急速に変化するダイナミックなビジネスセクターにおいて、常に適切な存在であり続けるために、新しいツールやテクノロジーに多額の投資を行ってきました。IDBSには常に優秀な人材が揃っており、新しいプロセスの柔軟性により、適切な人材を適切な場所に配置し、顧客から期待される品質を提供することができるようになりました。

アジャイル開発スタイルは、IDBSコネクトのようなフォーラムや、化学のような戦略的なトピックを中心に設置されたワーキンググループを通じて、お客様との交流を深めてきました。2016年に向けて、社内およびお客様とのこのような交流は、新たな主要事業分野へと拡大し、広がっていくことでしょう。

アジャイルへのシフトのもう一つの側面は、IDBS内のビジネスアナリシスチームが劇的に拡大したことである。私たちの仕事は、高レベルのロードマップと2週間ごとのソフトウェア成果物、プロダクトマネージャーとフィーチャーチームの間のパイプ役を務めることです。私たちはフィードバックを照合し、要件を書き、納品すべきものの順序に優先順位をつけます。

2016年、私たちの物語を完成させるための準備はすべて整ったようだ。素晴らしいものを作りに行こう

IDBSについてお問い合わせ

その他のニュース