IDBSブログ|2015年10月20日

洗練されたソフトウェアは、複雑さを増すことと同義ではない

今日、研究開発は、アカデミアやCRO(医薬品開発業務受託機関)からCMO(医薬品製造業務受託機関)や石油・ガスサービス業者まで、多くの研究関係者によって行われている。私たちは、次のような領域に入りつつある。 仮想化研究開発 組織内のさまざまな部署や第三者からなるチームが、研究ライフサイクルの明確な部分に焦点を当てる。

ビジネスの根幹と枝葉の変革

研究の進め方やイノベーションの実現方法に対するこの包括的な変化は、組織が戦略、運営、構造を見直す必要があることを意味するだけではない。それはまた、組織がこの新しい研究世界の基盤として使用しているインフォマティクス・プラットフォームについての考察をもたらしている。紙ベースの作業には限界があるが クリア また、共同研究や仮想化研究のニーズによって、ペーパーレス化へのアプローチも変化している。

シンプルなラボ

以前は、ペーパーレス化への第一歩として、特定のタスクを処理するための専門的なポイント・ソリューションを探し、導入していたが、最近では、この分野は進化している。という世界では、「ベスト・イン・ブリード」戦略を追求することが経済的に意味をなさなくなってきているだけではない。 医薬品開発 例えば 渦巻き状しかし、複雑なマルチステークホルダーの研究エコシステムにおいては、もはや目的にそぐわない。

実際、企業が自社組織内だけでなく、より多くのパートナーと仕事をするようになると、社内のソフトウェア・システムが複雑に絡み合って、コラボレーションが面倒になり、トレーニングやライセンスに関する課題も出てくる。

そのため、より合理的なエコシステムへのシフトが見られるようになった。エンタープライズR&Dソフトウェアの観点からこれが意味するのは、組織が作業を調整し、既存のシステムと統合できる単一のプラットフォームを求めているということだ。すべての研究関係者とコミュニケーションをとり、そこからデータを引き出す、グローバルで仮想化された活動として、共同研究や研究をよりシンプルに実行できる、単一の真実のソースを求めているのです。

コミュニティ・フォーラム

私たちは、企業向け研究開発ソフトウェアのための合理化されたエコシステムというテーマを、米国で探求する予定です。 コミュニティ・フォーラム11月中にボストン、シカゴ、サンフランシスコで開催される。

IDBSについてお問い合わせ

その他のニュース