IDBSブログ|2015年3月11日

外部化:知的財産とデータ・セキュリティのリスクを最小限に抑えながら、研究開発の機会を最大化する

今月 アストラゼネカ、ビジネスモデルの外部化を発表 を削減し、研究開発(R&D)費の削減を目指してパートナーと協力している。製薬業界やバイオテクノロジー業界が、ますます予算と市場投入スピードの大きなプレッシャーにさらされていることを考えると、これは時代の流れである。しかし、組織が外部にオープンになるにつれて、このような共同研究データを誰かが監視しているのだろうか?

そうあるべきだ!以下のような組織がある。 ベーリンガーインゲルハイム、CROのVTUテクノロジーとの技術提携を更新 そして アドゥロ・バイオテック社、ヤンセン・バイオテック社との提携で成功の兆し外部化がイノベーションの新たな展望であることは明らかであり、製薬・バイオテクノロジー企業全体でこれらのモデルが導入された後は、生成される貴重なデータについて大いに検討する必要がある。

データ・インサイト

データは、構造化されたものであれ非構造化されたものであれ、こうしたワーキング・パートナーシップを構築し管理するための基盤である。複数の関係者が関与する以上、組織間を行き来する情報を容易に共有し、それをスムーズに既存の エルエヌ システムである。科学者たちは、受信しているデータの完全性と、その可能性を最大化するのに十分なコンテキストを信頼できる必要がある。

IP保護

組織外でデータを共有するには、信頼性と透明性の高いインフラが必要です。ほとんどの業界では、従業員の異動や退職、特許の失効が避けられないため、知的財産の保持が問題となっている。効果的に検索し、再利用できるように、意味のある方法でデータをキャプチャする必要がある。現在、多くの組織が ELN 記録保持の手段としてだが、そのほとんどは構造化データにあまりうまく対応できない。

情報セキュリティ

さらに、当然ながら、この協業的で外部化された市場では、セキュリティも最優先事項である。組織がクラウドやSaaSソリューションにますます注目するようになるにつれ、卵の殻ではなくタマネギのように、何重もの防御層が必須となる。データが組織間や地域間で移動する際のリスクを軽減するために、この分野におけるユーザー教育の重要性を過小評価すべきではない。

組織が生産性の向上と運営コストの削減を求めて外部パートナーに目を向けるようになり、コラボレーションの舞台は整った。その際、研究開発のイノベーションを推進し、今日の環境で必要とされる競争力を組織にもたらすために、データは常に最重要視されなければならない。

IDBSについてお問い合わせ

その他のニュース