科学者のためのマスターデータ管理

マスターデータ管理(MDM)とは、データガバナンスの原則と実践のことであり、組織が人、プロセス、テクノロジーを組み合わせて導入することで、データ資産の価値を最大化し、時間の浪費の原因となる曖昧さを減らすことを目的としている。

Fマスターデータ管理(MDM)は、データの活用がビジネスの原動力となる組織にとって必要不可欠な活動であるが、うまく機能すれば、アナリティクスやビジネスインサイトのような特定のユースケースにおいて優位性を発揮し、F.A.I.R.データ原則の適用にも貢献する。

 

ホワイトペーパーダウンロード

IDBSは30年以上にわたって、研究開発データを企業の技術エコシステムに統合する際に、以下のような支援を行ってきました。 E-WorkBook.

当社のホワイトペーパー「科学者のためのマスターデータ管理」をダウンロードして、当社の多くのお客様が科学者や研究者のデータ管理ニーズをどのようにサポートしているかを最前列でご覧ください。